ダルビッシュ有

【海外の反応】ダルビッシュ有のフォームに関する持論【MLB】

吹き出し左側用のアイコン
ダルビッシュ有の理論「同じ投げ方ばかりしていると、脳は飽きてしまう。配球を変えると、脳に新しい刺激を作り出す。それなら、刺激を交互に与えるために、2つの投球フォームを作り分けたらどうだろう?
吹き出し右側用のアイコン
カオス・トレーニングはこれに適している。さまざまなプラットフォーム、さまざまな種類のボール、さまざまな距離などから投げることに腕を挑戦させるのだ。 彼の考えは的確で、上級者(大学生やプロ選手)の投手にとって挑戦となり得るので、彼の思考プロセスが大好きだ。
吹き出し左側用のアイコン
それでダルビッシュの2つの投球フォームとは?
吹き出し左側用のアイコン
ほとんど感覚的なもので、メカニカルなことは何も変えない。
吹き出し左側用のアイコン
頭脳派投手
吹き出し左側用のアイコン
これは科学なのか?
吹き出し右側用のアイコン
これはリッチ・ヒルを思い出させる。彼はカーブと速球しか持っていないが、2つの異なるボールリリース時の肘の角度を持っており、実質的には4つの異なる球種を持っているように見える。
吹き出し右側用のアイコン
ジェフ・ウィーバーが現役時代によくやっていたのを覚えている。
吹き出し左側用のアイコン
なぜ投手はもう片方の腕で投げることを学ばないのか。彼らはバカなのか?
吹き出し左側用のアイコン
ビンス・バレスケスは利き腕を負傷し、スカウトにアピールするためにもう一方の腕で86球を投げた。
吹き出し右側用のアイコン
面白いことに、ダルビッシュは左カーブを投げることができ、80マイル台後半の球を投げることができる。
吹き出し左側用のアイコン
理論的には彼の言う通りだと思うが、投手は全キャリアを費やしてメカニックを安定させる努力をしている。 それに、仮にできたとして......脳がそれに飽きないとでも言うのか?
吹き出し右側用のアイコン
やり方は人それぞれ。そこがいいんだ。
吹き出し右側用のアイコン
タイラー・ロジャースのピッチングやファーストへの投げ方を見たことがあるだろうか?
吹き出し左側用のアイコン
これは退屈とは関係なく、一貫して/過剰に使われている身体の部位へのストレスを和らげようとする脳の無意識的な試みなのだと思う。
吹き出し右側用のアイコン
ほとんどの投手は無理。ダルビッシュはかなりユニークで、正気とは思えない12球種を持っている
吹き出し左側用のアイコン
このようなことに挑戦するには、実力が必要ではないのか?彼は1つのピッチングフォームがよくなることだけを心配すべきではないのか?
吹き出し左側用のアイコン
ジョニー・クエトは何年も前からこのことを知っていた。
吹き出し左側用のアイコン
考えれば考えるほど馬鹿馬鹿しくなる。他にどんなことに当てはまるか考えてみよう。人が不完全な字を書くのは、脳が「退屈」しているからではなく、運動能力に限界があり、同じ動作を一貫して繰り返すことが自分の体との闘いになるからだ。
吹き出し左側用のアイコン
筋肉を混乱さよう
引用 https://reddit.com/r/baseball/comments/19b4fwk/josh_gessner_theory_from_yu_darvish_if_you_are/

関連記事 

【海外の反応】ダルビッシュが大谷ノートを作成【WBC】 

【海外の反応】ダルビッシュが大谷と山本のド軍入りを悲しむ【MLB】 

【海外の反応】ダルビッシュが急逝したパ軍オーナーに献花【MLB】

  • コメント: 2

シェアする

コメント

コメントがありません。

  • URL
タイトルなし

これ真に受けるなよ、こんなん藤波が真似してみ、右バッター死ぬで。

  • URL
タイトルなし

バ◯っぽいのは試みそのものではなく、その根拠だな

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する