吉田正尚

【海外の反応】吉田正尚が愛犬に名付けるほど好きなハーパーと対戦へ【MLB】

56.jpg
吉田正尚、憧れハーパーの前で連続試合安打記録の更新狙う…次戦は敵地フィリーズ戦 5/5(金) 12:00配信スポーツ報知4日のブルージェイズ戦で6号ソロを含む、3安打3打点で6連勝の立役者となっているレッドソックス・吉田正尚外野手(29)が5日(日本時間6日)、敵地でのフィリーズ戦での連勝継続を誓った。自ら憧れの存在だったブライス・ハーパー外野手が右肘靭帯再建手術から戦列復帰したフィリーズ相手に、メジャー最長の14試合連続安打の更新も狙う。    ブルージェイズを4タテした試合後、吉田は「どこも落とせないというか、強いチームばかり。連勝を続けられるように頑張っていきます」と静かに闘志を燃やした。次なる相手は交流戦のフィリーズ。相手打線には、憧れのハーパーがいる。  吉田のハーパー愛は有名だ。オリックスでは2年前までハーパーと同じ背番号「34」を付け、ニックネーム・ユニホームを着る球団イベントでは「HARPER」の特別ユニでプレーした。愛犬フレンチブルドッグの名前は「ハーパー」。愛猫の名前は「ブライス」。
<
吹き出し右側用のアイコン
吉田正尚は今夜、大好きなブライス・ハーパーに会う。吉田は愛犬にハーパーと名前をつけ、また日本ではハーパーの34番を着用した。
吹き出し左側用のアイコン
彼は34番を着用していたのか。フィリーズのブライスではなく、ナショナルズのブライスのファンみたいだね。共感できる。
吹き出し左側用のアイコン
レッドソックスで34番を着ていた人がいたんだけど、その人もなかなかよかったと思う。
吹き出し左側用のアイコン
かつてブライスが嫌いだった人間として。 彼は球界で最高の男で、何か特別なことをすることは保証できる。
吹き出し右側用のアイコン
それで、彼は自分の犬にブライスとハーパーのどちらを名付けたのだろうか。
吹き出し左側用のアイコン
ブルース
吹き出し右側用のアイコン
ブライスという猫とハーパーという犬を飼っている。 彼はブライス・ハーパーの正統なファンで、フィラデルフィアで彼に会えることを願っている。
吹き出し右側用のアイコン
日本人にはとても言いにくい2つの名前。それでこそ、彼が献身的であることがわかる。
吹き出し左側用のアイコン
ブライス・ハーパーに会うことができた者として・・・彼は良い人。滅茶苦茶フレンドリーではないけど、とても親切で、一緒にいて心地よかった。
吹き出し右側用のアイコン
MLBで最も認知されている選手の一人だから、それ以上は期待しない。
吹き出し右側用のアイコン
最近、彼は空港で目撃され、ファンに靴をプレゼントすることになったのでは?
吹き出し左側用のアイコン
サインもしたそうだ。
吹き出し左側用のアイコン
ヒーローに出会えないなんてことにならないことを祈る
吹き出し右側用のアイコン
良い話だ。
吹き出し左側用のアイコン
今日読んだことの中で最も健全なものの1つだ。このようなものは、世界を少し良くしてくれる。
吹き出し左側用のアイコン
ハーパーはたくさんの選手にとって憧れで、SIティーンエイジャーの表紙は今でも昨日のことのように覚えている。 私たちは年を取った。
吹き出し左側用のアイコン
吉田はハーパーより8ヶ月ほど若いみたいだ。
吹き出し左側用のアイコン
でもハーパーは20歳になる前にリーグにいた。 同年代の、異常なまでにスピーディーな成長を遂げなかった子供が、19歳の彼を見て、そのキャリアを追うことを想像するのは、それほど厳しいことではない。
吹き出し左側用のアイコン
フィリーズに来てほしいと思っていた。
引用 https://bit.ly/3HJTn0n
  • コメント: 0

シェアする

コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する