高校野球

【海外の反応】日本の高校野球で物議を醸した判定【どっちが妨害?】


吹き出し左側用のアイコン
キャッチャーが邪魔をしている。
吹き出し右側用のアイコン
災難だった。
吹き出し左側用のアイコン
審判の判断ミス。ランナーが通過しようとしているのをキャッチャーが妨害したのは明らかだ。
吹き出し右側用のアイコン
キャッチャーの妨害だ。
吹き出し左側用のアイコン
審判は間違っていた。
吹き出し左側用のアイコン
走者または打者が、プレーを行おうとしている守備側のプレーを妨害し、審判員が妨害の罪を犯したと判断した場合、故意か故意でないかを問わず、その走者はアウトと宣告される。
吹き出し左側用のアイコン
捕手の妨害と審判のミス
吹き出し左側用のアイコン
審判の誤審、捕手の妨害、ランナーはアウトではなく一塁に行けるべきだ。
吹き出し右側用のアイコン
このプレーは打者が捕手を妨害している。
吹き出し左側用のアイコン
野球界の賢人たちの発言を待とうか
吹き出し左側用のアイコン
キャチャーが邪魔
吹き出し右側用のアイコン
その1 キャッチャーの妨害がある。 その2 走者はセーフで一塁に到達したが、ボールはインプレーで触れていない。
吹き出し左側用のアイコン
日本ではルールが違う?キャッチャーが進塁を妨害
吹き出し左側用のアイコン
私が見た限りではバントではなかった。
吹き出し左側用のアイコン
本塁を狙いに来た3塁走者がいたのに、本塁でのクロスプレーの可能性を考えて体勢を整えている捕手をバッターランナーが妨害した。
吹き出し左側用のアイコン
バッターの体にボールが当たっている。
吹き出し左側用のアイコン
みんな捕手の妨害がどうのこうの言ってるけど、その前に打者にボールが当たったのか?
吹き出し右側用のアイコン
捕手がスリーフットラインを塞いでいる
吹き出し右側用のアイコン
捕手の妨害が正しい、捕手が一塁へのライン上で止まっているのが確認できれば議論の余地はない。
吹き出し左側用のアイコン
審判の判断ミス、捕手の妨害は明らかに目立つ。しかも計画的。
引用 https://bit.ly/3Qrb8XD
  • コメント: 60

シェアする

コメント

コメントがありません。

  • URL
タイトルなし

バッターランナーの守備妨害。
キャッチャーの位置はタッチプレーに備えたものととらえられる。

  • URL
タイトルなし

まぁ、初見は主審の判定で正しいとおもた
後からビデオでみたらなんとでも言えるが、チャレンジ制度なしだとなんともね

  • URL
タイトルなし

これは守備妨害だよ、黙って従うべき!

  • URL
タイトルなし

何にしてもあきらかにバッターは態とふっとばしているな
3塁ランナーの為に

  • URL
タイトルなし

打者が打った後に下がってからぶつかってるから守備妨害でOK

  • URL
タイトルなし

これは走塁妨害だね

  • URL
タイトルなし

この場合、バッターはバント後にどう動けばいいの?

  • URL
タイトルなし

キャッチャーが走塁妨害しているよ明らかに
では走者はこの場合どうやって進塁すればよかったの?
キャッチャーが妨害しているからそりゃぶつかるよね
バントでまだボールはアウトになっておらず生きてるし、それをわかってて投手は捕手に送球しているでしょ
誰がどう見ても捕手の走塁妨害

  • URL
タイトルなし

ルールブックには
打球に関与したときの守備選手(絡むと守備妨害)>ランナー(妨げると走塁妨害)
「野手は打球・送球を処理する時と、ボールを持ってランナーをアウトにする時以外は、ランナーを優先しなければなりません。」とある。
この時の捕手の行動は打球・送球処理に関わっていたため守備妨害が適応される。

  • URL
タイトルなし

これ、ルールの解釈適用としては、2つの構成がありうるな

一つはまんま打者の守備妨害
もうひとつは、走塁妨害かつ守備妨害
後者はね、簡単に言うと「過剰防衛」的なもんね
走塁妨害された走者に与えられる正当な利益・許される行為、それら以上を得たってことで、守備妨害の事実が残る、と
いずれにしろ、走者が守備手吹き飛ばした行為が罰されるべき反則という評価ね

  • URL
タイトルなし

ぶつかった際キャッチャの位置は白線の内側で線上にはいない
守備妨害だろ
スローだとバッターランナーが頭からぶつかりに行ってるように見える

  • URL
Re: タイトルなし

>17:56
ボール持ってないんだよなぁ
それと、法は「適用」するもんだ

  • URL
タイトルなし

>ぶつかった際キャッチャの位置は白線の内側で線上にはいない

記事内でも指摘があるようにスリーフットラインを塞いでいる

走者はどうすればよかったのか?
進塁しようとしても捕手がいるから避ける必要があるよね
その時点で走塁妨害確定
捕手が前に出すぎが全ての元凶

  • URL
タイトルなし

判定の間違い
おそらく審判はタックルのようにぶつかる行為を見て守備妨害と判断している
しかしプレーとしては走者の進路に捕手が立っている行為が先にある
これが走者が捕手を避けようとして転んだら審判は逆の判断している
妨害行為が先にあって後の行為で判定が変わるのは不合理
走者の行為を問題にするなら守備妨害ではなく暴力行為として退場にするのが正しいが審判はそれが出来ないから守備妨害にしている

  • URL
タイトルなし

走塁妨害として、その時点で一塁への出塁確定
キャッチャーを吹き飛ばす権利が与えられる訳ではない

  • URL
タイトルなし

打者が打った後になぜか下がる、捕手はバックホームに備える
下がった打者が捕手を避けずに激突する、どちらに非があるかは明らか

  • URL
タイトルなし

(ホームベースに向かう)三塁走者がいれば守備妨害、いなかったら走塁妨害かな。

・攻撃側プレイヤーが、走者が向かってくる塁に接近して立ったり、密集したりして、守備を困難にした場合。守備の対象であった走者がアウトになる。(規則6.01(a)(4))
・攻撃側プレイヤーが、打球や送球を処理しようとしている野手のために場所を譲らなかったために、野手の守備を妨害した場合。その守備の対象であった打者または走者がアウトになる。(規則6.01(b))

  • URL
タイトルなし

これが守備妨害で済むのなら
ピッチャーはこれから打たれたら ずっと一塁に向かって走りながら捕球する演技をして
走塁妨害すりゃ無敵だな 
バッターが通れなくなって バッターが我慢出来ずにピッチャーに触れれば守備妨害だもんな
ホームランの場合を除いて最強守備戦術生まれたな

  • URL
タイトルなし

なんでこれが守備妨害じゃないって主張が出るのか判らない。

接触を避ける義務は第一に走塁側だろ。
両者が通常のプレーの範囲内で接触した時は基本守備妨害だろ。

  • URL
タイトルなし

外人て頭悪いんだな~
スクイズだから走者を妨害する意味が無い。
普通に捕りにいってるんだから守備妨害

  • URL
タイトルなし

多分厳密なルールより「相手をふっとばした」っていう体裁が悪かった。
高校野球はプロスポーツではなくあくまで学生スポーツだから。

  • URL
タイトルなし

捕手にわざと当たりに行ってる

  • URL
タイトルなし

バントの時にバッターボックスから足が出てるのはいいのかな?

  • URL
タイトルなし

これおkなら捕手は打者の走塁上に立ってればいいね。

  • URL
タイトルなし

あきらかにキャッチャーの進塁妨害。この審判は自ら首吊るべし。

  • URL
タイトルなし

これは守備妨害であり走塁妨害でもある。
どちらも正当性があるからホームインが認められバッターランナーもセーフ。

  • URL
タイトルなし

守備妨害だろキャッチャーは避けて走れる位置にいる
実際に突き飛ばした後に避けて走ってるし

  • URL
Re: タイトルなし

走者は捕手をどついてから、よけて走っている。
なら最初からよけて走るべきだったんでないかな。
目の前にいたのを全く避けずにどついてるのは、故意にしか見えん。

  • URL
タイトルなし

バックホームなら完全にアウトのタイミングだった
だから打者はラインの内側を走って故意に捕手に当たりに行ってるな

  • URL
タイトルなし

三塁走者がいるから守備妨害
判定以前に打者の視線と体勢が心象悪すぎる
狙った気配がなければ走塁妨害だったかもと思うと教材に最適

  • URL
タイトルなし

気持ちは分かるが守備妨害
分かってるからキャッチャーは棒立ちで誘ってる
それが読めないバッターは野球IDが低い

  • URL
タイトルなし

ボール持ってないしキャッチャーの走塁妨害じゃね 
打者を1塁に行かせて 
走塁妨害の時点でボールデットだとして3塁ランナーの進塁を認めないことにすれば良いだろう

  • URL
タイトルなし

そのまま普通に守備妨害だろ
まず優先されるのは守備の動作で、捕手は投手からの送球を捕球するための動作とみなされるから走者はそれを避けて走るべき

  • URL
Re: タイトルなし

避けて走る必要が出ている時点で走塁妨害確定

  • 名無し
  • URL
タイトルなし

フィールド上では守備側が優先される(故意は除く)。なのでこの場合は守備妨害で合っている。もし野手よりも走者が優先されるのであれば、例えばショートがセカンド、サードベース間でゴロを捕球しようとした場合、ランナーはあえて捕球寸前にショートにぶつかりボールを取らせないという行為を行う事が出来る。また走者優先を究極的に突き詰めれば野手が走者にタッチをしに行く行為自体が走塁妨害になってしまう。これはルールブックの解釈ではなく、野球をやってきた経験上の解釈であり、この場合の打者はキャッチャーを避けながら走り出さなければいけなかった。しかし、この場合は不可抗力だという人がいるだろうが、守備妨害、走塁妨害は故意や不可抗力など関係無く、結果に対して過失がどちらにあるかを審判が判断するのであり、この場合のバッターは故意では無くても過失があり、運が悪かったと思うしか無い。

  • URL
タイトルなし

たし蟹

  • 名無し
  • URL
Re: タイトルなし

バッターは野手を避けて走塁をしなければならない。だからこの場合は守備妨害になる。ただし、守備に関係のない行為によって走者の邪魔をしたら走塁妨害になる。

  • URL
タイトルなし

わざとだろうがなかろうが走塁コース妨害しちゃだめだろう
ボールもってないんだろ

  • URL
タイトルなし

三塁のランナーがいる時はキャッチャーは毎回あの位置に陣取って走塁妨害できるってことなんですね。
まだピッチャーすらボール取っていないのに。

  • てやん亭べら坊
  • URL
タイトルなし

>>18:25
アホか?アホなのか?本気じゃないよな?ボールの行方に
関係ない投手がバッターランナーの走塁を妨害しても、
走塁妨害ではなくて守備妨害になるとでも?真面目に主張
したいなら、周りの友達に言ってみろよ。「ギャハハ、バカか
こいつ」って言われるから。

  • 名無し
  • URL
タイトルなし

野球では打ったボールがフィールド上にある場合、走者よりも野手が優先されなければならない。これは野球をやっていれば自然と身につく感覚であり、ルールの解釈などの問題ではない。また、危険行為を禁止する為にも走者よりも野手を優先する必要がある。走者を優先したら清原がやったような殺人タックルもキャッチャーがボールを持っていないのだからと正当化されたり走塁妨害になってしまう。打者が打ったボールが進塁に不利になるような所へ飛んだ場合でも野手が優先され、打者は運が悪かったと諦めるしかない。打った球が走者に当たると守備妨害になる、などが良い例だ。

  • URL
タイトルなし

だからコリジョンルールが出来たんでしょ
殺人タックルガーって違う時代の話を持ち出されても意味はない

投手がボールを取ってもないのに前に出て先に走塁妨害している事が元凶
守備妨害はその結果論でしょ

何はともあれ捕手が前に出る必要がなかった
その結果スリーフットラインを塞いでいるんだから、ではバントの時は捕手は必ず前に出てスリーフットラインを塞いで走塁妨害すれば良い事になる
何故ならボールを受け取るまでは守備だと主張できる事になるんだから

送球できる状態に入ってもいないのに前に出ている時点で走塁妨害
これが先にあって、その上で守備妨害の状態が誕生しているので元凶は捕手にある

  • URL
Re: タイトルなし

自分もそう思う。
ルールが新しくなったとしか言いようがないよ。

  • URL
タイトルなし

これが守備妨害になるんだとしたら、バッターがバントの構えをした時点で捕手は急いで前に出て走塁できないように塞ぐのが正解だね
妨害じゃない守備なんだと言えるからバッターは避けないといけないからね
そしてぶつかられたら守備妨害だと言える

  • 名無し
  • URL
タイトルなし

ボールを持っていないのに・・・とか、野手が走者を故意に妨害しても良いのか・・・などのコメントが多いが、これらのコメントを書く人たちは野球経験者では無いのだろうね。野球をやってきた人たちは野手も打者も走者もやってきた。だから野球をやる上で優先されるべき事は分かっている。だからピッチャーがボールを取るふりをしながら走者の邪魔をしたり・・・とか、キャッチャーがその場所に立っていたら走者の邪魔が出来る・・・などの悪意あるプレーは想定していないし、そんな事は思わない。だからこんなコメントは書き込まない。このプレーの場合はキャッチャーも打者も悪意は無い。どちらも悪意が無いからこそ、野手のプレーが優先され、打者は運が悪かったと諦めるしかない。打者が出来た事はボールをもっと別の所へ打つ事だが、そこへボールを打ってしまったのだから運が悪かったと思うしかない。スポーツをしていたら運が悪かったと思う事は沢山あるよ。

  • URL
タイトルなし

悪意のあるなしは関係がない
実際に悪意のあるプレーが可能かどうかの話

では、野球経験者だったら理不尽な誤審はいくらでもあるから誤審に対してチャレンジするなと言える事になる

  • URL
タイトルなし

キャッチャーが打球を処理するためでもなく、また送球を捕ろうとしているわけでもなく打者走路で突っ立ってるので走塁妨害かなぁ
キャッチャーが打者走路を塞ぐ正当な理由が無いように思える

  • URL
タイトルなし

身近に来たボールを避けようとして体勢崩しつつも
バント成功しちゃったから視線を上げる前に一塁に行こうとしたらドンか
ピッチャーが触ってすらいないのにキャッチャーがそこに立っちゃダメでしょ
ピッチャーがボールを取ってホームに投げようとしたら確実に守備妨害
ピッチャーが触ったら悩むレベル

  • URL
タイトルなし

まあどう見ても走路妨害だけどルール上は問題ない
バッターランナーの走路に守備でいただけなので反則ではない
ランナーも走路を走っているので問題ない
セーフが正しい

  • URL
タイトルなし

キャッチャーはボールしか見てない=妨害の意思無し。
バッターはバットを置いてから捕手を確認までして、それからタックルしてる=相手の走塁妨害に見せ掛けようとした小賢しく不誠実な演技。

考えるまでも無い。
日本の高校野球でこんな低劣な行為が行われるとは・・
日本以外の国じゃないんだからさぁ

  • 匿名
  • URL
タイトルなし

判断基準は、ボールを持っているかどうかじゃなくて、そのプレーに関係する守備の挙動(送球を受ける側も、打球・蒼穹の処理に含まれる)かどうかで、関与しているものが妨害を受けたら守備妨害、そしてそれらに関係していない野手が走者の走路を妨げたら走塁妨害になるという優先順だから、今回の場合、確実に守備妨害が成立している

  • URL
タイトルなし

打者走者が避けるべきって
それでオーバーラン取られたら誰の責任?

  • URL
タイトルなし

>守備の挙動かどうか

だとしたら捕球の演技すれば走塁妨害し放題という事になる
そんなわけないでしょ

  • URL
タイトルなし

何度も指摘があるが、キャッチャーが前に出たのはなんなの?って話
走者を遮る位置に移動したのは何?

それがまず走塁妨害の発生ね?

それがあったから走塁しようとしたらぶつかってしまったから守備妨害になっているだけで、原因の全てはキャッチャーが前に出てラインを遮った行為

だから走塁妨害が正しい
審判の誤審
これが結論でしかない

  • URL
タイトルなし

野球関係ってやってる側もファンも本当に論理的な判断が出来ないよね

司法判断で考えればわかるけど、先に原因があればそれが起因でしょ
だから先に攻撃した側が悪く、その後の反撃行為は正当防衛が認められたり情状酌量の余地が審議されるわけ

先に原因がある事を重要視するのが一般的な思考ね?当然だけど

よくここでもボンズ擁護みたいなのあるけど、薬物を使った時点でそれが原因となって記録が伸びた可能性がある時点で全部の記録なんて認められなくなるわけでそれが一般的
だからいくら記録がすごくても殿堂入りも出来てないわけ、不正で培った記録の可能性が残るから
だけど野球関係者ってそれを無視して語る事がしばしばあるよね全員とは言わないけど

  • URL
タイトルなし

打者が捕手との衝突を避けるために、そのままバッターボックスの中で留まり三塁走者と捕手との間に壁になるような形になった場合、打者は許されるのか?

  • URL
タイトルなし

判定は時に、自分にとって都合が良い時もあれば、悪い時もあるのはしょうがないし、今回は審判が守備妨害をとったけど・・・

一部の奴が「意図的にタックルした」なんて言ってるけど、バッターランナーが1塁へ向かうのは本能だし、バントからダッシュ移行の1歩目直後のバランスが整う前に、真正面塞がれてたら避けられねーよー
(キャッチャーも俊敏過ぎだろー)

バッター君からしたら「どうすりゃ良かったんだ?」って気分だろうけど、ナイスバント!!

  • URL
タイトルなし

一塁三塁でスクイズしている状況で、逆にキャッチャーはどこにいればよかったんだ?

  • URL
タイトルなし

打者が走塁するコースはほぼ決まっている

見えているか見えていないかは関係ない
守備はそのコースを避けるのが普通。
コースに先に入ったから良いのではなく、故意のガードした事になる。

走塁コースを外れていいならマラソンランナーがタッチされないようにグランド走り回ったらゲームは終わらない

守備のためにコース塞げるならどこでいくらでもガードができるな。

  • URL
タイトルなし

走塁妨害だが打者が退場(代走)ならば理解はできる

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する